• una casita Website Menu
 
  • #
Salon du chocolate 2021

サロンデュショコラと楽しむ冬

  • #

 

1年に1度のチョコ祭り

毎年この季節のためにチョコレート貯金をしています。

金額は恥ずかしくて言えませんが毎月この封筒に少しずつお金を貯めて
気になったチョコレートを1月にいっぱい買います。
(本当は1年中変えたらいいのですけれど)

逆を言うと貯められた金額以上のチョコレートは買ってはいけない、
というルールを決めています。
(とんでもないことになるので)

そんなチョコレート大好き!を通り越して
取り憑かれている気すらする私の今年の収穫を
書き留めたいだけの日記です。

読める人だけおつきあいください。笑

 

 

私のチョコレートルール

先ほど書いたチョコレート貯金も含めて
いくつかルールを決めています。

 

ひとつ、
会場に行く前に買うものを決めておく。
気になったものを全部買うことができないし、
なにより札幌会場にはほしいものが全部やってこないので
計画の時点では予算をちょっとオーバーするくらいで目星をつけて
実際に会場で実物をみてその中で調整したりします。
(ちょっとサイズが小さいな、とかブルーム気味だな、とか)

そしてお目当てを買ったら一応会場を1周するのですが
他のものに目の焦点は合わせません。笑

 

ふたつ、
2、3月中くらいに賞味期限がやってきそうなものと
もう少し長く楽しめるタブレットを半々くらいで構成するように。

 

みっつ、
お気に入りのショコラティエのものと、
まだ食べたことがないものもだいたい半分ずつになるようにして
新しいお気に入り探しをする。

 

よっつ、
粒チョコレートの場合は粒単価500円以上になったらすっぱり諦める。

どんなに美味しくてもこのラインを超えると
パッケージに膨大なお金がかかりすぎているか
輸送費で現地の3倍以上の価格になってることもあったりと
純粋にチョコレートを楽しむ前にいろんな邪推をしてしまう…
私には分不相応ということで潔く諦めます。

 

いつつ、
チョコレート貯金を超えて買わない。

あくまでも嗜好品。生活に支障をきたしてはいけません。
1年頑張れた分だけ買うことを許します。
そして買いすぎて美味しいうちに食べきれないなんてあってはいけません。

見境なく買い狂っていると思われることもあるので書いてみました。

世間のチョコレート好きさんたちは
どうやって買うチョコレートを決めているのかなーと気になるところです!

 

 

今年のテーマはBtoBとフルーツ

なんとなく毎年SDCのテーマや流行で
登場するチョコレートの傾向がありますよね。

2021のテーマは「つながり」でした。

だからなのかBean to Barも多かった気がします。
大好きな「フィリップ・ベル」から満を辞してBtoBが登場したり
チョコレートの厳選されたセレクトショップ、
「Tomoe saveur(トモエサヴール)」のブースがやってきたり、
札幌が誇るショコラティエの「Bon Vivant」からも
新ブランド「Lien cacao」がスタートしたりして、
BtoB熱が再燃した年でした。

今年はフルーツを全面に出しているショコラティエも多かった気がします。

そして何よりうれしかったのは
時世柄ですがオンラインショップが例年より充実したこと。

人気なものはあっというまに売り切れてましたが
それでも三越伊勢丹オンラインのおかげで
札幌会場にこないチョコレートも買えました。

そんなこんなで今年お迎えしたのは
こんなラインナップ。

 

▼▼▼▼▼

 

■ Franck Kestener <フランス/ロレーヌ>
ショコラアソート フレーズ
タブレット ベルガモット
タブレット ミルティーユ

■ LA MAISON DU CHOCOLAT <フランス>
アタンション

■ Philippe BEL <フランス/リヨン>
ボワット テ

■ PATISSIER eS KOYAMA <日本/兵庫>
So fruits!!

■ MAISON CACAO <日本/神奈川>
アロマ生チョコレート DEAR(エルダーフラワー)

■ FRAN’S CHOCOLATES <アメリカ/シアトル>
トリュフアソートメント

■ FOSSA CHOCOLATE <シンガポール>
LYCHEE ROSE
BLUEBERRY LAVENDER & OATS
HONEY ORCHID DANCONG OOLONG

■ ZUUT <ベルギー>
タブレット スペキュロス

■ PUMP STREET BAKERY CHOCOLATE <イギリス>
ホットクロスバン 58%

■ Bon Vivant <日本/札幌>
Lien cacao コロンビア
Lien cacao ヴェトナム

■ 発酵エレメンツ( ERITHAJ × 湯浅醤油 )<フランス×日本>
カカオ醤(粒)

 

番外編(贈り物)

□ PATRICK ROGER <フランス>

□ Vraie <日本/東川>
シュトーレン

 

予算一体いくらなんだと思いましたか。
それとも意外と少ないなと思いましたか。
後者の方とはぜひチョコレートを食べながらお話伺いたいです。笑

あとさすがに1人で食べてないですよと書き添えておきます。
(主にジムのトレーナーさんたちが見た時のために)

なぜ山ほどあるチョコレートの中でこれを選んだのか、
そしてどれだけ美味しかったかを
次の記事に書き綴りますので飽きてない方は読んでね。

 

Happy valentine’s day!

Salon du chocolateサロンデュショコラショコラティエチョコレート日記
2021 02 14